200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◆法華経
  1. ホーム
  2. その他
  3. アンティーク/コレクション
  4. 200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◆法華経

200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◆法華経

9750.0000円

法華経のうち第二十五、『妙法蓮華経、観世音菩薩普門品』、
いわゆる観音経です。

本体の表題は『普門品』となっています。


文政7年(1824年)、今から200年近くも前に、
木版刷りで作成した非常に貴重なお品です。

お経の経典によくある折本ですが、表紙が布張りで、
中にはおそらく木材と思われる硬い素材を用い、

また厚手の手漉き和紙を本文用紙に用いた、
しっかりした体裁です。


巻末に伝教大師御筆による開板との但し書きがあり、
現在の細い活字や、また筆書きでも写経体のような
細身の文字とは異なる、大ぶりの美しい書体です。


続けて発行の年月、さらに忍順印施の文字、

最後に礒田範二義房 刀と、版木を彫った方のお名前まで
記載があり、発行の年月のみならず作成された方々の
お名前までわかる非常に珍しいものです。

彫り手さんは名工と思われ、鋭い切れ味の、
目が覚めるような彫り摺りの文字です。


現在の活字の経典のように裏表印刷ではなく、
表面のみ摺りがあり、任意の部分や、

広げれば3メートル近くにもなりますが、
全体を広げて飾ることも可能です。

また、読経用としても、文字が大きいため、
小さな文字の経典とは違って見やすく、
また脳に刻み込むように鮮明に読むことができるのではと思います。


何部摺ったのかの記載がありませんが、
公刊された経典と異なり、部数も少ないはずで、

おそらく現存も非常に少ないのではと思われ、
市場に出回ること稀なものかと思います。

表面の変色や、折り目の小さな破れなどありますが、
200年の経年を全く感じさせない美品です。


整理のため手放します。大切にお使いいただけ、
また保存くださる方に、貴重な経典をぜひどうぞ。

注意事項

ケースなどなく本体のみの出品です。

表紙の布に変色や擦れなどあります。

本文面にヤケ、また折り目によって少し切れがある
部分があります(画像)。

全体の状態は非常によく、200年の経年を全く感じさせない美品です。

なお、全体を広げて3メートル近くという数値は実測ではなく、
一面で横約8.5センチで、全体で34面ありますので、
289センチとして約3メートルと計算しています。

商品の情報
カテゴリー その他,アンティーク/コレクション,印刷物
商品の状態 やや傷や汚れあり
200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◆法華経

200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◆法華経

200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◆法華経
前扁(5)「選択本願」(せんちゃくほんがん)とあります。
  凡夫が念仏で往生できるという教えは、        仏桑華咲くや西方弥陀浄土  仏桑華(ぶっそうげ) 

200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◆法華経
前扁(4)「出世本懐」(しゅっせほんかい)とあります。 
  仏往生の本願は、
  阿弥陀仏が一切衆生を
  平等に救おうとする慈悲に基づく、
  釈迦が出現されたのは、
  この教えを説くためである。 
勅伝第28巻 (青色 法然上人御言葉)
        まくなぎに一匹分の重さかな
 

 
200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◆法華経
 前扁(3)「聖浄二門」とあります。
     念仏の修行は、
  智慧を極めて覚る道ではなく、
  愚痴に立ち戻って、極楽に生まれる道である。 青色・ 法然上人御言葉                    

売れ筋ランキングも 200年前の「観音経」伝教大師御筆による

200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◇法華経,アンティーク/コレクション法華経のうち第二十五、『妙法蓮華経、観世音菩薩普門品』、いわゆる

京都 店 200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年

商品の説明法華経のうち第二十五、『妙法蓮華経、観世音菩薩普門品』、いわゆる観音経です。本体の表題は『普門品』となっています。文政7年(1824年)、今から200年


仏教の覚りは三学にあるが、
        それに堪えられないと思った私は、
        三学よらない道を、
        善導の大師の教えの中に見出した。  はじめに。このたび、不思議なご縁を頂戴し、総本山知恩院布教師会(TEL075・531・2157)より初版(平成22年4月25日刊)の 法然上人のお言葉ー元祖大師御法語ー の冊子を知りました。そこで、転載認可を頂戴し、冊子の一部をアップ(月曜予定)させて頂きます。  ブログ筆者 敬白  
遇い難い仏に遇いながら
     虚しく時を過ごしてはならない。        始まりも終はりも見せず星流る

【オンラインショップ】 キャラクターグッズ-あんスタ

バラ¥200×1送料手数料 200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◇法華経 · wenaヘッド「wena×beams」コラボモデル 2022年度年間日程表


全く無思想なただ温和に容易な修行とだけ見えた教えの底に、この畏怖すべき法力が秘められていたとは、その初め、法然以外誰が知っていただろうか。
(佐藤春夫『極楽から来た』 参照:4894 話
(付録章『一枚起請文』) おわり
西方に「極楽」と在り秋うらら        ふらここや到達点は俺のもの
ぼくは、定年退職(65歳)

あんスタ 伏見弓弦 とるパカ 缶バッジ ぱしゃこれ セット ①

配送の方法: ゆうゆうメルカリ便発送元の地域: 石川県発送までの日数: 4~7日で発送 200年前の「観音経」伝教大師御筆による開板 文政7年(1824年)◇法華経

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる